Install this theme
re^lease考

サービスのreleaseということばに一抹の不自然さを感じる。
re-leaseは、再びーゆるめる、ということだから、
手放す、解き放つ、というニュアンスのあることばである。
近年用いられるdeployという言葉が持つ、臨戦態勢のニュアンスの方が
的確なのではないか、と思う。deployには、資源の最適配分、という語義が大元にあるようだ。
releaseが、手を離れて、消費者の手へ利用を委ねられるのに対し、
deploymentは、臨機応変に敵方の動きに応じて変化する必要がある。

道具としてのアプリケーションに、本来サービスが担うべき領域を
委ねることで、変化しなければならない部分や立体的な設計ができていない、
という問題である。
道具はreleaseして、利用者の手になじむまでつかってもらえばよい。
しかし、サービスはそうはいかないだろう。
そして、これは近年、リーンスタートアップが抱える、
大規模な展開を行わねば、提供できないサービスが明確になってきていることにも
通じるのではないか。
出版者による本による知識伝達が、
「安くよい情報を提供すればよい」というモラルに支配されるように、
その先にある、質的な体験までは、大量生産期の道具の製作者は手綱を持とうとはしてこなかった。
アプリケーションへのごく最近の一攫千金の野望も、同種のものであるかもしれない。

サービスと道具のあり方を考えることこそ、
質の高い体験を作り出す、唯一の鍵なのであり、
アプリが道具からサービスのひとつの、あるいは、複数のタッチポイントでしか
ないことが明らかになりつつあるのだ。

サービス・デザインの最も重要な特徴は、
サービスをリリースしたあとも、従来のサービスとは比較にならないほどの
強い関係性を維持し続ける必要がある、ということではないだろうか。
絶え間ない保守運営と細かい改造を得られるデータ(量的、質的)から
推測し行っていく。

これがovcaやwicked problemといわれる不確定で変化の多い時代の
サービス設計になろう、ということだ。
一方で、変化の少ない節目のサービスに関しては、
より固定的な枠組みでも通じるだろう、ということである。

 
  1. madget posted this